引きこもりの長期化を防ぐには訪問支援が必要

自宅から一歩外の世界に踏み出すことがなかなかできない状態を引きこもりと呼んでいます。

しかし、そうした状況から抜け出したいと思っている人がほとんどです。ただ、支援を受けようにもどうしたら良いのかわからないという人も多く、そういった人のために訪問支援というものが存在します。



これは、心理学を愛ネイル大学生やカウンセラーなどが実際に引きこもりに悩む人の自宅へ行き、自宅という安心できる環境の中で第三者との関わりや社会との接点作りをすることが名目です。主にこうした支援は引きこもりがまだそこまで長期化していない人に行うと効果的です。

長期化した状態から行うとすでに気持ちが沈んでしまい、誰とも会いたくないと思ったり、話すことが怖いという状況になっている場合が多く、そうなると面談に至ることがほとんどできません。そのため、悩み始めたらすぐに行動することが重要です。



この行動は本人だけではなく、家族からでも良いです。そして、少し慣れてきたら学習相談や社会参加に向けた活動を取り入れることもできるので、ごく自然に外の世界に踏み出すことができます。

この状態になるまでは、そう簡単にはいきません。

エキサイトニュースの情報をお知らせします。

最初は雑談のようなものから始めて、本当に少しずつ一歩一歩踏みしめるように前に進みます。

家族も長い目で見守る忍耐力が必要です。こうして、学校や社会といった外の世界との関わりの窓口を広げていくことが一度沈んでしまった気持ちを起き上がらせるポイントです。