不登校の相談相手として求められる専門家たち

不登校になっても、転校したり進学などをすることで環境が一新された場合にすぐに再び通えるようになる子供もいますが、学校に行かなくなることがきっかけで引きこもり傾向が出る子供もいます。

不登校の問題のことで身近な相談相手となってくれるのは、学校の先生や学校に配置されているスクールカウンセラーの方でしょう。



学校の先生の力だけではカバーしきれないケースでも、スクールカウンセラーの人たちに相談しやすい環境を作ることで問題が解決しやすくなる場合があります。
子供の不登校問題や引きこもり問題に力を入れている自治体の取り組みでは、ただスクールカウンセラーを配置して終わりというのではなく、教師や警察のOBを起用したスクールポリスやスクールアドバイザーなどの連携を強めることで不登校などの学校の問題に関連した相談が大幅に増加しているという成果を上げています。

相談件数が急増した背景は、子供を取り巻く問題が重いものになっているからという事ではなく、自分達だけでどうにかしようとするのではなく、恥ずかしがらずに専門家の助けを借りたいという、保護者側の意識の変化があることが指摘されています。

初めてでもわかりやすい、OKWaveのお役立ち情報はこちらのサイトです。

つまり、スクールカウンセラーなどに悩みを気軽に打ち明けやすい環境を学校や自治体の方が作り、地域間の連携を強化して、その地域全体で取り組んでいくことが出来ると、不登校問題などの解決の糸口を掴みやすくなるという事です。



これからもっとそのシステムが充実することが望まれます。