不登校のことはできるだけ誰かに相談しよう

不登校は難しい問題です。


生徒自身の問題だけではなく、学校の問題や家庭の問題などが積み重なって、学校に行かなくなる生徒がいます。

BIGLOBEニュースに関する予備知識の情報が満載です。

この問題を家庭だけで解決しようとすると、うまくいかないことが多いです。


できるだけ誰かに相談することが大切になります。

相談することで、不登校の問題を客観的に見つけられるようになります。また、精神的な負担や苦しみを人に聞いてもらうことで、小さくできます。

不登校のことを一番相談しやすいのは、担任の先生ですが、相談がうまくいかない恐れもあります。
担任の先生の場合は、生徒が学校に来なくなったら、自分の責任になるのを回避しようとして、言い訳や弁解を繰り返す人がいます。


もちろん、真摯に向き合ってくれる先生もいます。



まず一回助けを求めてみて、頼りにならないと感じたら、他の人からサポートしてもらいましょう。



公的な機関が不登校の相談にのってくれる場合があります。
公的な機関だったら、費用がいらないメリットがあります。


ただし、話を聞いてくれる人によって対応が異なる場合があります。


例えば不登校をしている生徒の心や体の状態ばかりにこだわって、他の要素に目を向けようとしないのです。こちらの悩みにきちんと向き合って、良いアドバイスをしてくれることもあるので、とにかく一度話を聞いてもらいましょう。
教育関連のNPOもこの問題に取り組んでいます。

良いNPOにめぐり会えたら、柔軟なアドバイスがもらえることがあります。

この種の団体はネットで探しましょう。